Amakuriからの乗り換え先にこれは良いんじゃないか Part2

たまたま検索して知ったのですが、SpiegelさんというPGさんがど渋なAmazonアソシエイトリンク作成支援ツールを制作されたようです。
Golang製のコマンドラインツールでGUIはなく、黒い画面から使わなければいけませんが、効率を考えた場合、こういうツールの方が使い勝手が良いという人も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

テンプレートファイル機能もありますのでAmakuriを使っていたようなユーザーにもぴったりです。

続きを読む →

Amakuriは閉鎖いたしました

告知通り、2014年7月より運営してきたAmazonアソシエイトリンク作成支援ツール『Amakuri』は、本日、2019年1月15日をもって閉鎖いたしました。

ご利用くださった方々、ありがとうございました。

また dadadadone.com 上でツール類などを公開していく予定ですので、その時はご利用くだされば幸いです。

追記

[重要] Product Advertising API 利用ポリシーの変更についてhttps://affiliate.amazon.co.jp/help/topic/t52/ref=amb_link_zYXX0aRKMACI_Qkj9rR6Nw_1?pf_rd_p=f071f914-3a87-450b-a3af-a69ce9a6b5d1
の規約が突然変更になっていて、16日からの話が23日に変更になっていた模様。
もうちょっと長く運営できましたね。申し訳ない。

Amakuriからの乗り換え先に、Amazon公式のWordPressプラグイン「Amazon Associates Link Builder」が良さそう

Amakuriからの乗り換え先はどこが良いのだろうか?とずっと考えておりましたところ、Amazonが公式でWordpress用のプラグインを公開していることを知りました。
(しかも二年前から公開されてる!まだベータ版らしいですが・・・。)

続きを読む →

閉鎖後のAmakuriへのリンクはどうなるか?

Amakuriを閉鎖しても当サイト(dadadadone.com)のドメインは残しておくつもりでいます。
( そのうち当サイトで別のツールを公開、運営していこうかと考えています。 )

閉鎖後、Amakuriへのリンクはすべてリダイレクトして閉鎖を告知するページ、あるいは当サイトのトップページに飛ばすかする予定です。
トップページに飛ばした場合も、Amakuriというツールがかつてあって閉鎖された旨は載せる予定です。

以上です。

「Amazonほしいものリスト」を載せました

Amakuriではいままで色々と思うところがあり、拒否反応やらぐちゃぐちゃとした混沌とした感情からAmazonのほしいものリストを載せてきませんでした。ですが、色々な方々と話をしていて最後の最後で気が変わりました。

ギラギラしたAmazonほしいものリストの公開です。

送ってやるよ!
って方がいらっしゃいましたら、ありがたく頂戴いたします!

設定を間違えていてわたしの住所や名前がわかってしまっても、しーーー!っですからね!

Amazonほしいものリスト

【Amakuri】なぜ気がつかなかったのかと悪あがき

なぜこの程度のことに頭が回らなかったのか・・・。

AmakuriはAmazonアソシエイトの審査がおりないから、そちらではPA-API経由の売上げは出せない。それであれば別のサイトで売上げを出せば良いだけの話ではないか。

といっても、PA-APIを利用したツール類の申請はAmakuri同様、おそらく通らない。

ならば、PA-APIを利用したWordpressのAmazonアソシエイトリンク作成プラグインを公開されてる方がいるので(ここに気がつくのが遅れた)、そちらを利用させていただき、当ブログからPA-API経由の売上げを出せばよい。

そういうわけでして、当ブログをAmazonアソシエイトプログラムに申請してみました。

結果、駄目でした。

さすがにこのブログでは通りませんよね。
これから修正して再審査を繰り返す気力もありません。

もしも、申請が通り売上げが出たとしても、利用規約が変更される来年16日の時点で30日以上売上げがない(利用規約違反)ということになりますし、どのみち駄目だったとは思いますが。

ところで、PA-APIって再申請できるんでしょうかね。
あと、最近色々と変わったという話らしいのだけれども、サイト毎に申請しないといけないとかいう方式になってたりするんだろうか。
というか、もともとそうだったのだろうか?
もうかなり前の話なのでうろ覚え。
さらに言うと、PA-APIは申請したサイト毎に紐付いていて、そこからの収益ではないと売上げとして認めないということだったりするのだろうか。
どうなんでしょう。

最後の悪あがきでございました。

【Amakuri】来年15日にAmakuriは閉鎖いたします

Amazonアソシエイト・プログラムよりPA-APIの利用規約変更に関してのメールが届きました。
それによると利用規約が変更される来年16日以降、PA-API経由で売上げのない(このことに関しましては別の記事に書かせていただいております。) AmakuriはPA-APIのアクセス権を失うとのことです。

売上げのないアカウントに一通一通送っているようですし、わたしの誤読もないだろうということで、来年15日にAmakuriの運営をやめ、閉鎖することにいたしました。

先ほどGoogle Analyticsで確認しましたところ、最終的に1日のアクティブユーザーが70~100人ほど、1ヶ月では830人ほどとなっておりました。Chrome拡張は今日の時点で349ユーザー、Firefox拡張は26ユーザー。確認してみますと、Google公式アドオンやAdBlockなどでGoogle Analytics をオプトアウトされてる方も結構いらっしゃるようですので、もう少し人数は多いかと思われます。

ご利用いただいた方々、ありがとうございました。

【Amakuri】Amakuri は来年1月16日以降使えなくなるだろうという話

前回の記事があまり読んでもらえていないというのと、きちんと利用規約を読めていなかったようなので改めて記事にいたします。

今回の変更に伴い、PA-APIの継続的なご利用にはPA-APIから取得した商品リンク経由で成果が発生し続ける必要があります。

2019年01月16日以降、過去30日以内のPA-API経由の売上実績(発送済み商品売上)がない場合、PA-APIへのアクセスができなくなる可能性がございます。
ご自身のアカウントの直近のPA-API経由での実績を確認してください。

変更日以降のAPIレスポンスについて
PA-APIのリクエスト上限に達した場合、エラーメッセージがレスポンスとして返却されるようになります。
現在ご利用中のお客様で、過去30日以内にPA-API由来の売上実績がない場合、PA-APIのアクセス権を失ったことをお知らせするメッセージが返却されるようになります。


[重要] Product Advertising API 利用ポリシーの変更について
https://affiliate.amazon.co.jp/help/topic/t52/ref=amb_link_zYXX0aRKMACI_Qkj9rR6Nw_3?pf_rd_p=fe9f2d44-c600-4655-8f97-1d7ca42f960e

とのことで、
来年1月16日以降、使用させていただいている Amazon の PA-API の利用規約の変更があります。前回、どこをどう読んでいたのかきちんと読めていなかったのですが、改めて下まで読んでみますと・・・。

成果が発生し続ける必要があります」「過去30日以内のPA-API経由の売上実績(発送済み商品売上)がない場合、PA-APIへのアクセスができなくなる可能性」。
別の部分では、「過去30日以内にPA-API由来の売上実績がない場合、PA-APIのアクセス権を失ったことをお知らせするメッセージが返却されるようになります。」とあります。これを読む限り PA-API を利用していて、PA-API経由の売上げのない Amakuri は来年1月16日以降運営できなくなるということのようです。

PA-API というのはなんぞや?と思うかもしれません。イメージ的には自分のプログラムから Amazon の商品を検索したりするために、 Amazon が無償で提供してくれている仕組み、プログラムという感じでしょうか。
(基本的には開発者向けのもので、利用手続きをしなければ使えるようになりません。)

前回の記事にも書きましたとおり、 Amakuri は PA-API を利用しているのにも関わらずAmazonアソシエイトプログラムへの申請が通らず、 PA-API 経由での売上げがない状態です。
ですので、上記、利用規約変更により運営できなくなる状態になると思われます。

ひとまず、4年半も運営しておりますし、「可能性」という言葉が入っている文もあることから、いまのところ動かなく日まではつづけようとは考えております。
(12月22日追記、来年15日に閉鎖することにいたしました。)

そういうわけで Amakuri を運営して四年半。
一度やめるやめる詐欺もありましたが、今回は利用規約変更によって運営できなくなるだろうという状態におります。

来年1月15日までは問題なく運営できると思われますが、そのあとはわかりません。ただ、「可能性」なのか「断定」なのか、といったら「断定」だと考えるべきでしょう。

ヘビーユーザーの方もいらっしゃるでしょうし、慌てないように乗り換え先を見つけておいてください。

もしかしたら、わたしが利用規約の解釈を誤っていたり誤読していたり、運なり、なんだかよくわからないモノ・コトによって、来年1月16日以降も問題なく運営できていた、なんていうこともあるかもしれませんが、それはそれでご理解くだされば幸いです。

【Amakuri】2019年01月16日のPA-API利用ポリシー変更で気に掛かること

2019年01月16日にProduct Advertising API (PA-API)の利用ポリシーが変更されるにあたってちょっと気に掛かることが。

[重要] Product Advertising API 利用ポリシーの変更について
https://affiliate.amazon.co.jp/help/topic/t52/ref=amb_link_GIRJ47iMNIa_rQnqJSBYVg_1?pf_rd_p=f64831d4-98d4-4090-8275-eec06cbc9804

今回の変更に伴い、PA-APIの継続的なご利用にはPA-APIから取得した商品リンク経由で成果が発生し続ける必要があります。
下記内容をご確認いただき、PA-APIを適切にご利用いただきますようお願いいたします。

1. Amazonへリンクする際に、PA-APIのレスポンスに含まれるリンクを使用しているか
PA-APIのレスポンスにて返却される商品リンクURLを使用することで、そのリンクURL経由での売上が、PA-API経由での売上と識別されます。
PA-APIからデータのみ取得し、リンクURLとしては使っていない場合、またはパラメータを除去してご利用になられている場合、PA-APIをご利用いただけなく可能性があります。
(注)レスポンスに含まれるリンクを短縮URLに変換してのご利用は問題ございません。

商品リンクURLというのはアソシエイトIDの含まれるDetailPageURLのことですよね。
この値をそのまま使ってくれと。
それ以外にもあるのかな?
それはともかくDetailPageURLは実際に出力させればわかるがアソシエイトIDが入っているのでアソシエイトプログラムの申請が降りなかったAmakuriでは使えない。

取得したデータからパラメーターを除去したり、こちらからは加工してはいないのですが、データのみ取得してリンクURLとしては使っていない場合というのが気に掛かります。
Amakuriでは取得したASINを元にURLを作り、検索ページ、商品作成ページでAmazonへリンクしています。
それが上記に該当してしまうのかどうか。
(もちろん作成しているリンクはAmazon公式で公開しているアソシエイト用の「リンクの動作確認ツール」で問題ないか確認しています。)

そして、「継続的なご利用にはPA-APIから取得した商品リンク経由で成果が発生し続ける必要があります」というのも気になるところです。

利用規約などをチェックして確かな解釈をするのが苦手なのをなんとかしたいところです。

【Amakuri】高頻度な大量アクセスはご遠慮くださいというお願い

プログラムなどを利用(利用しなくとも)してAmakuriから大量に商品検索したりアソシエイトリンクを作る行為は止めてください。
この数ヶ月間、特定IPから一日に数千から数万件といったリクエストが高頻度で来ておりました。
アクセスログを確認してみると商品リンク作成を自動化させているのではないかという挙動で、今週あたりから極端にリクエスト数が増加しています。
なぜAmakuriでこのような行為をおこなっているのか、なぜ自分でPA-APIの利用手続きをしてプログラムを組み商品リンクを作らないのか、あるいはわたしの勘違いでスクレイピングなどはしておらず、単に不要なアクセス行為を繰り返しているだけなのか。
よくわかりませんが、ともかくそのようなアクセスが続き、他の利用者が使いづらい状態になり、サーバーにも負荷がかかっていたので該当IPをアクセス禁止にさせていただきました。
(該当IPの方はご理解いただけると幸いです。本来ならば一度ご理解を頂くためにトップページにそのような行為を止めていただくように書くべきでしたが・・・。)

AmakuriがAmazonの商品検索、商品リンク作成機能のために利用させていただいておりますProduct Advertising API (PA-API)には利用制限があります。
プログラム上からどれくらいの頻度で、一日にどれくらいAmazonの商品を検索できるか決められています。
その制限にひっかかってしまいますとAmakuriで商品検索、商品リンク作成ができなくなってしまいます。
該当IPからは長時間にわたり継続的なリクエストがあり、該当IPからのアクセスがあると他の方が利用しにくい状態にあったと考えます。

まずこれを理解していただいた上で次の話にうつります。

2019年01月16日にProduct Advertising API (PA-API)の利用ポリシーが変更されます。

Product Advertising API (PA-API) の利用ガイドライン 重要なお知らせ
https://affiliate.amazon.co.jp/help/topic/t32

Product Advertising API利用ガイドラインは、APIの公正かつ効率的な使用を促進するために設定されます。Product Advertising APIへのアクセスのために使用される各アカウントは、標準で最小限1秒間あたり1リクエストまでの利用が認められます。しかしながら、利用開始以降、APIから取得したURL経由での売上がまったく無い場合、30日ごとに1日あたりのリクエスト数上限を0.1ずつ減少させます。最終的に1日あたりのリクエスト数制限は0.1(8640リクエスト/日)まで減少することになります。この制約はPA-APIで取得したURL経由での売上が上がり次第、初期値である1秒間あたり1リクエストに戻ります(通常24時間以内)。

AmakuriからAmazonアソシエイトの売上げがなければ一日のリクエスト回数が8640回に制限されるようです。
以前の10分の1です。

Amakuriのトップページにも記載しておりますが、AmakuriはAmazonのProduct Advertising APIを利用させていただいているにも関わらず、アソシエイトリンクは張っていません。

理由は簡単で、審査に落ちてしまったからです。
いまだにどこが問題なのかわかっていない状態です。
2017年4月に再度申請してみたのですが、やはりそちらも申請が通りませんでした。

というわけで、売上げのないAmakuriは必然的に一日のリクエスト回数が8640回に制限されます。
現在の利用者数、ページビューを確認してみた限り、このリクエスト回数でもまったく問題ないのですが、最初に書いたようなことをされてしまうと制限にひっかかる可能性が以前よりも高くなります。

ですので、他の利用者のことも考えて高頻度な大量アクセスはご遠慮くださいという話でした。

(って、ここまで書いてきましたが、わたしの読み間違いで1秒間に1リクエスト可能だったのが、1秒間に0.1リクエスト、10秒間に1リクエストしかできなくなる制限っていうわけではないですよね??でなければ良いのですが・・・)

以上です。